血圧の高めの方に~薬に頼らない血圧対策!

降圧作用や安全性が認められた注目のトクホ飲料。

薬に頼らず、食生活で血圧対策してみませんか。

「うそっ、血圧が?」注文殺到のトクホ!血圧への作用を確認⇒

ARBは合併症のある場合でも使える、最注目の降圧剤

ARBは副作用が少ない降圧剤といわれ、利用が広まってきています。

体の中にある血圧を上げる物質アンジオテンシンⅡが、受容体と結合することを妨げることによって、血圧を下げる薬です。

ARBの正式な名前は、「アンジオテンシンⅡ受容拮抗薬」です。

アンジオテンシンⅡに関連する降圧剤としては、ACE阻害剤があります。

高血圧は、様々な合併症を引き起こす可能性があり、脳梗塞や狭心症、心筋梗塞、腎不全などが、よく知られています。合併症を起こすと使えない薬も出てきます。

例えば、心不全を起こすと、β遮断薬やα遮断薬といった降圧剤の使用には、細心の注意が必要ですし、慢性閉塞性肺疾患や閉塞性動脈硬化症を起こした場合には、β遮断薬が使えません。

ARBは、こうした合併症を引き起こしている患者でも使え、心臓や腎臓の保護効果が認められたり、新たな糖尿病発症が少なかったり、偏頭痛の発生を予防したりすることから、近年、利用が増えてきているといわれています。

また、アンジオテンシンⅡに関連する「ACE阻害剤」と比べて、空咳などの副作用が比較的起こりにくいことも、よく利用されるようになった理由といわれています。

しかし、ARBの血圧降下作用が特に優れているというわけではなさそうです。

最も多く使われているカルシウム拮抗薬と同程度の降圧効果だともいわれており、効果が十分でない場合は、カルシウム拮抗薬や利尿薬と併用することもあるようです。

薬に頼らない血圧対策

<薬に頼らずに血圧が下がりました!>

トマト酢を飲んだら夫の血圧が10日で10mmHg以上下がりました

選んだのは降圧作用や安全性が認められた注目のトクホ飲料。

  • 消費者庁認可の特定保健用食品
  • 日本人間ドック健診協会も推薦
  • 愛用者の約90%が満足!68%が血圧変化を実感。
  • 臨床試験(90名/10週間)で収縮期血圧(最高血圧)が平均約8mmHg低下した。

ということなので安心して購入しました。

また、降圧剤で血圧を無理に下げるデメリットも色々あるようで、
できれば薬に頼らず血圧を下げたかったんです。

食生活にトマト酢をプラスするだけで血圧対策ができる、手軽さも気に入っています。

「うそっ、血圧が?」注文殺到のトクホ!血圧への作用を確認⇒

このページの先頭へ