血圧の高めの方に~薬に頼らない血圧対策!

降圧作用や安全性が認められた注目のトクホ飲料。

薬に頼らず、食生活で血圧対策してみませんか。

「うそっ、血圧が?」注文殺到のトクホ!血圧への作用を確認⇒

作用によって2種類に大別できる降圧剤

降圧剤は、軽い高血圧の治療には使われませんが、運動療法や食事療法を行っても、血圧が下がらない場合に使われます。

高血圧治療ガイドラインによると収縮期血圧が140以上、かつは拡張期血圧が90以上の場合には、薬による治療が推奨されているようです。

降圧薬は、大きく分けて2種類に分かれます。

1種類は、心臓から出る血液の量を減らし、もう1種類は、血管を広げて、血液の流れを増やして、血圧を下げる仕組みの薬です。

心臓から出る血液の量を減らす薬には、神経末端から分泌されるノルアドレナリンとβ1受容体の結合を妨害するβ遮断薬や血液中の不純物を排泄する尿の量を増やして血圧を下げる利尿薬があります。

抹消血管を拡張して血圧を下げる薬には、血圧を上げる作用のあるアンジオテンシンⅡの生成を阻害するACE阻害薬、筋肉を収縮させるカルシウムイオンの働きを阻害するカルシウム拮抗薬、末しょう血管や神経末端にあり、筋肉の収縮に関わるα受容体の働きを妨害するα遮断薬、アンジオテンシンⅡの働きを阻害するARBなどがあります。

中でも、ARBは新しい薬で、副作用が少なく、心筋梗塞や心不全を予防する働きも認められることから、使用量が増えてきています。

降圧剤は軽症高血圧の場合には、1種類の薬だけが使われますが、 一般的には、作用の仕方が違う2つ以上の薬が使用されます。 複数の薬が使われる理由は、1種類の薬だけを使用してると、使用量が増え、 副作用が起こりやすくなるためだといわれています。

降圧剤には、いくつかの種類があり、組み合わせて使用することが一般的です。 副作用が少ない新薬も開発されており、今後の進化に期待したいと思います。

薬に頼らない血圧対策

<薬に頼らずに血圧が下がりました!>

トマト酢を飲んだら夫の血圧が10日で10mmHg以上下がりました

選んだのは降圧作用や安全性が認められた注目のトクホ飲料。

  • 消費者庁認可の特定保健用食品
  • 日本人間ドック健診協会も推薦
  • 愛用者の約90%が満足!68%が血圧変化を実感。
  • 臨床試験(90名/10週間)で収縮期血圧(最高血圧)が平均約8mmHg低下した。

ということなので安心して購入しました。

また、降圧剤で血圧を無理に下げるデメリットも色々あるようで、
できれば薬に頼らず血圧を下げたかったんです。

食生活にトマト酢をプラスするだけで血圧対策ができる、手軽さも気に入っています。

「うそっ、血圧が?」注文殺到のトクホ!血圧への作用を確認⇒

このページの先頭へ